2016年8月22日月曜日

8月の展示テーマ「戦争と平和」「命と健康」関連ミニゼミ21日(日)第71回大型紙芝居「戦争と平和」体験2題、第6回街なか保健室で日赤献血バスによる献血、市保健師さんによる健康相談(口腔衛生度チェック)を一挙開催しました。献血には45名の方々が応じていただき内12名の方が初めての献血、高校生も6名ご協力いただきました。ありがとうございました。大型紙芝居では市内在住の古田雅博さんによる戦争体験「武兄ちゃんにあいたいなあ」「僕の渡満脱出」悲惨な戦争体験を見事な絵とお話で伝えていただきました。9月は展示テーマ「中津川市の観光資源特集」です。また第72回ミニゼミは9月4日(日)中央公民館ホールにて郷土の芸能「恵那文楽ふれあい公演」です。

21日(日)は珍しく午後も夕立もなく、図書館前に横付けされた献血バスに多くの市民、特に若い方々に応じていただきました。結果は目標には達しませんでしたが初めて献血された方が12名、内高校生が6名と、図書館ならではの採取者の特徴が発揮できたものと思います。日赤の担当の方にも喜んでいただきました。また8月9月は六斎市連動図書館前での古本市はお休みです。今回文庫本に絞って同時出店しました。ご利用ありがとうございました。収益金は図書館支援活動に充てさせて頂きます。  大型紙芝居は2題制作・上演の古田雅博さんの戦争体験です。「武兄ちゃんにあいたいなあ」は戦死した兄への想いと名古屋大空襲の体験を、「僕の日本脱出」では、夢を実現するための大学への進学も戦時下変更を余儀なくされ、満州国興農部政務官として終戦を迎え、翌年終戦記念日に帰国するまでの体験を絵とともに伝えていただきました。図書館の役割には連鎖と持続性が求められていて、また展示テーマに沿った内容で聴衆の45名の方々も聴き入っていました。この日は丁度ホールでは子どもたちへの映画会も開催されていました。若い世代に伝えたい内容でした。

2016年7月25日月曜日

7月ミニゼミ「南極のお話」開催。満席の参加者が南極の写真とお話と南極の氷に、暑さを忘れる時間でした。8月の展示は「戦争と平和」「命と健康」ミニゼミは8月21日(日)①街なか保健室です。内容は「献血」「口腔衛生度チェック」(歯周囲の細菌チェック)②大型紙芝居「戦争と平和」2題の上演です。

7月24日(日)13:30~15:00中央公民館にて、「南極のお話」を講師鈴木剛彦さん(第10次・15次南極観測越冬隊OB)お迎えして講演していただきました。当時の南極への道のり、昭和基地及び周辺、気象観測、オーロラ蜃気楼、沈まぬ太陽、転がる太陽などの自然現象、コケボーズ、ペンギン、アザラシ、ユキドリなどの生き物や珍しい現象、研究成果(オゾンホールの発見、氷柱掘削による太古の大気解析、隕石の解析など)映像を通して学びました。そして、南極の氷に触り、氷から凍った時の大気の出す泡の音など、五感で感じました。

2016年6月26日日曜日

7月の展示は「地球の神秘さを知ろう!南極編」ミニゼミは元南極観測越冬隊員から「南極のお話」を開催します。展示資料は国立極地研究所からご提供頂きました

 7月は子どもたちも夏休みに入る時期、今年は南極をテーマにしました。南極観測を我が国が始めてから半世紀を超える間の研究成果(オゾンホールの発見・3000m掘削の氷柱解析からみえるもの・隕石・南極の地質調査)なども見ることができます。また南極の不思議な自然現象及び南極の生き物たちも写真で展示します。そこから地球の変化と未来がみえるかもしれません。また、越冬隊員の着用する防寒具一式も展示します。なお、国立極地研究所制作のDVD2本(上映時間約1時間)「新たな幕開け」「白い大陸からのメッセージ」を図書館内会議室にて7月の土・日10時から上映する予定です。図書館展示コーナーにてお知らせします。ぜひこれも観てください。  第68回ミニゼミは第10・15次南極観測越冬隊員の鈴木剛彦さんに「南極のお話」のテーマで講演していただきます。7月24日(日)13:30~ 中央公民館4-2学習室にて、どなたでも参加できます。参加費用は無料です。  今年の夏は南極をテーマにそこから地球や宇宙を見つめてみる機会にしてみませんか!

2016年5月26日木曜日

6月の展示テーマは「新しい子育て支援を知ろう!」ミニゼミは「楽しい親子の絆づくり」~みんなで子育てやろまいか~

子育て支援制度が27年から新しくなりました。そこで、子ども・子育て関連3法に基づく制度をわかりやすく、また地域の子育て支援の充 実について、既に取り組んで推進している内容なども含めて、わかりやすく展示します。 ・新法では待機児童や学童保育が注目されているが従来から推進している地域の子育て支援の充実についてもわかりやすく展示発信していく。 ・その柱は①地域子育て支援拠点・・・子育て支援センター、②一時預かり、病児保育③ファミリーサポート・センターなど(養育支援訪問、乳児家庭全戸訪問、妊婦健康診査は健康福祉部門の担当) また、中津川市における5年間計画「みんなで子育てやろまい なかつっ子プラン」の内容及び取組を展示発信します。 そして、親子の絆つくりとしての方策なども啓蒙を図る点からも展示します。    (例)家事をしながら読み聞かせなどによる絆づくり    ※展示図書も子育て関連図書のなかに読も聞かせの図書も含めて、各展示コーナーに合った図書を展示していきます。 ☆第67回ミニゼミは、展示テーマと関連し、楽しい親子の絆つくり~みんなで子育てやろまいか~です。 おんぶ・だっこ・わらべうた・読み聞かせ・・・・どんあ親子のきずなをつくりましょうか? 地域にいる子どもたちの育ちを見守ることができているでしょうか? みなさんの想いを伝えあいましょう~  親子で参加大歓迎です。またどなたでも参加して一緒に子育てを考えましょう!

2016年5月4日水曜日

2016年4月18日月曜日

第65回ミニゼミ「音楽演奏会」が開催され、美しい調べが心地よく、至福の時間が図書館に生まれました!

4月17日(日)午後2時から40分間に渡り、フルート(奏者:石黒梨香さん)キーボード(奏者:四元真智子さん)ヴァイオリン(奏者:植村美恵子さん)の三重奏によるデイズニー音楽から2曲、アニメから2曲(ドラえもん・アンパンマン)クラシックから軍艦マーチ、花は咲く、そして365日の紙飛行機、70名(うち子ども30名)の皆さんがうっとり演奏に聴き入りました。図書館は単なる本の貸借や読書空間だけではありません。ゼロ歳から100歳まで集いコミュニケーションのできる施設です。この時間は開催した児童書コーナーはもちろん大人の集うコーナーにも心地よい生演奏の調べが届き、図書館のもつ機能の広がりを感じたひと時でした。3名の奏者に感謝!ありがとうございました。

2016年4月1日金曜日

新しい年度がスタートしました。27年度の入館者数は200,958人で20万人を突破しました29日には記念セレモニーも開催されました。小林光代館長さんからも秋田からメッセージが届き読み上げられました。4年9ヶ月小林前館長さんとともに歩み学んできた様々な事柄を心に刻みこれからも前進していきたいと思います。

昨日、4月に向け展示替えを行いました。新しい法律がこの4月1日から施行されます。「障がい者差別解消法」です。わかりやすい内容の展示が市役所障害援助課のご協力で実現しました。この法律に関わるクイズも作成していただきました。回答してカウンターの司書さんに渡していただくと記念品がいただけます。ぜひ参加して、この法律を知っていただきたいと思います。