2017年7月24日月曜日

22日(土)13時30分~15時10分新しい空間が図書館に実現しました!

7月22日(土)13:30から第83回ミニゼミ「図書館で落語を楽しもう」が14:35から第84回ミニゼミ「アニメソング演奏会」が図書館内新聞・雑誌閲覧コーナーにて開催され100名の皆さんがリラックスされ語りに音色に引き込まれていました。図書館はゼロ歳から100歳まで集え憩いの空間を実現を目指して取り組んでいますが、その一環として初めて図書館で落語を、また今まで児童書コーナーで開催していました演奏会も落語と同じ図書館中央スペースで開催しました。今月の展示は「アニメ特集」であり、その展示場所でもあるコーナーでの開催で一体化できました。
出演の出前亭笑楽さんとトレ・フィーリエのみなさんの素晴らしい語りと音色でした。
狭いスペースの図書館ですが、多くの皆さんがリラックスできる空間を限られた時間で実現できたことは、新しい図書館像の新しい空間ができた、と位置づけられると思います。

2017年7月10日月曜日

7月の展示は「アニメの世界へどうぞ!こんなこと、あんな話、知ってますか?」

アニメ特集を久しぶりに展示しました。どらえもん、アンパンマン、さざえさん一家、鉄腕アトム、火の鳥など満載。アニメ作品の推薦アンケートにも応募いただけます。
7月のミニゼミは、22日(土)13:30~図書館内雑誌新聞閲覧コーナーにて、「図書館で落語を楽しもう!」引き続きフルート・ピアノ・ヴァイオリン三重奏による「アニメソング演奏会」を開催します。
落語は2題、古典は桃太郎、新作は童謡赤とんぼです。出前亭笑楽さんです。アニメ演奏はおなじみのトレ・フィーリエの皆さんです。15:05終了予定時間です。図書館では初めての試みです。図書館でリラックスしていただきたく企画しました。ぜひ鑑賞ください。

2017年7月4日火曜日

第82回ミニゼミは先人・賢人77名の生き方に触れた貴重な時間でした。

6月24日(土)第82回ミニゼミ「私たちの村・町の先人・賢人に学ぶ明治から150年の歴史」を市史編纂室の近藤信幸さんにお話ししていただきました。77名の先人・賢人の個々の概要説明から26名に絞りさらに説明をしていただきました。私財を投じ郷土の為に尽くした鈴木三蔵(苗木)曽我十郎五郎(坂下)をはじめとして、医学・文化・農業・産業などの分野で活躍された偉業の一部を知ることができました。

2017年6月21日水曜日

企画展示後半展示できました

「私たちの村・町の先人・賢人に学ぶ明治から150年の歴史」は13日から展示されました。市史編纂室とのコラボです。47名の先人・賢人の足跡の概要を貴重な関係資料とともに展示されています。ぜひご覧ください。また関連ミニゼミは同じテーマで、24日(土)13時30分から中央公民館4F視聴覚室にて開催します。講師は市史編纂室の近藤信幸さんです。どなたでも参加でき、参加費は無料です。

2017年6月1日木曜日

6月の企画展示は月の前半と後半で切り替わります。前半は「明治150年の歴史」です

6月の企画展示は月の前半は「明治150年の歴史」として1、立憲政治と議会政治の導入2、国際社会への対応3、技術革新と産業化の推進4、女性を含めた教育の充実を取り上げました。今年は明治維新からちょうど150年目、封建社会から西洋文化を取り入れ、文明国へ進み、さらに先進国に発展した過程をたどってみました。
後半は「私たちの村・町の先人・賢人に学ぶ明治から150年の歴史」を市史編纂室とのコラボ展示です。先人たちの生き方を学び、現在の激動の時代に向き合い生かすことのできることも多々あるかと思います。感性を磨く機会になればよいと思います。

ドキュメンタリー映画「鳥の道を越えて」感動し堪能しました

東白川村出身の今井友樹監督も参加した、充実した映画会になりました。昔の映像も入り、また環境省が渡り鳥の調査のために現在も続けているカスミ網による捕獲法もあり、貴重なドキュメンタリー映画でした。私が昭和39年に中津川市に来たころ、まだ鳥屋(トヤ)があり、その風習は残っていました。また30年前に四ツ目川上流の督ノ城に行った時にもトヤの跡が残っていました。が年月の経過とともに忘れ去られてしまうカスミ網猟がこのようなドキュメンタリー映画になっていることに、素晴らしい映像とともに感動を覚えました。この日は会場満席に近い約200名の市民の皆さんに観ていただきました。上映のあと桑田先生、今井監督を囲んで午後5時までお茶会で、この映画のこと、つちのこのことなどの話題で盛り上がりました。また市民の方がカスミ網猟をうたった短歌の載った図書を図書館蔵書を持参し紹介してもらったり、町おこしの話まで結びつける提案をされた市民の方など、充実した時間でした。

2017年5月6日土曜日

5月27日(土)ドキュメンタリー映画「とりの道を越えて」が上映されます

岐阜県東白川村出身の今井友樹監督の「鳥の道を超えて」が中央公民館ホールにて、14時上映。先立ち桑田靖之さんから作品紹介をしていただきます。このドキュメンタリー映画は、67年前に失われた「カスミ網猟」の世界・・・・  自然と文化の関係を問い直す、鳥と人をめぐるドキュメンタリー   今回は図書館くらぶ・読書サークル連絡協議会・市立図書館・中央公民館の協働企画です。協力券は図書館くらぶ会員、読書サークル会員でお買い求めください。500円です。なお同伴の中学生以下は無料です。問い合わせは中央公民館へ(平日の9時から17時)