2016年12月3日土曜日

第5回図書館まつり楽しめました。今回のテーマは「はっしん」図書館玄関には中津高校美術部の皆さんが作った木製の大きなブックを開いたところに「はっしん」と表示をした看板が掲げられおまつりムードもたかまりました。27日(日)9時10分オープンセレモニーで司書さんたちの合唱「幸せなら手を叩こう」からスタート、図書館内はもちろん、2Fのホールやギャラリー、ホワイエ、学習室を使用し、各サークルの出し物、催もので大勢の来館者の皆さんでにぎわい楽しんでいただきました。また、参加型えほん劇「どんぐりと山猫」では親子の皆さんが、口腔衛生チェックではお口の中の細菌の動きが、今回から市役所各部門参加の健康医療課の肺機能のチェック、リニア情報コーナーも、生涯学習スポーツ課の恒例の国際交流コーナー、サークルでは音訳・点字体験コーナー、百人一首などなど、図書館くらぶではオープンカフェの開設で紙芝居や朗読、フルート&ピアノ演奏も併設し延べ200名を超える皆さんに楽しんでいただきました。また恒例の木質バイオマス燃料による焼き芋を2Fベランダで行い250名の皆さんに喜んでいただきました。

この日は朝から小雨がぱらつく天候でしたが、オープンセレモニーを除いては屋内の催もの、多くの方々に楽しんでいただきました。また各活動サークルはパネル展示でも参加し、読書サークル連絡協議会の各グループと図書館くらぶはホワイエに、ほかのグループはホールに展示されました。図書館くらぶのパネル展示では、図書館くらぶがスタートした23年6月の展示「災害に強いエコな生活様式を考えてみよう」をロハス(地球と私たち生き物が健康で持続可能な生活スタイル)関連書籍を中心にした展示のアーカイブ、過去に展示しました郷土の先人たちを展示しました。
また中京学院大のお二人の先生から、ミニ講義を頂きました。明治の時代に東京で生まれその後オーストリア代理大使に嫁ぎ、異文化に立ち向かい、7人の子供を育て、帰国せずウイーンで生涯を終え「パン・ヨーロッパの母」と称された旧姓青山光子(1874~1941年)のお話し、また、公会計について、今の社会状況を踏まえたお話しを聞くことができました。公立図書館は多目的な役割の施設。知識はもちろん、コミュニケーションの場でもあり、図書館まつりを通して多くの市民の皆さんが図書館を利用されることを願いつつ、来年はさらに充実したまつりにしたいと思います。
☆昨日(2日)付知公民館入り口に「中津川市の資源、観光」(市観光課作成)を展示しました。付知公民館図書室との共働企画です。市内の観光資源の資料等が一同に見られますので、お立ち寄りの際にはぜひご覧ください。

2016年11月3日木曜日

11月展示と11月16日(水)第74回ミニゼミは「川上(かわうえ)の三賢人」です。この企画は郷土資料から見えてきた先人・賢人の偉業を展示及びミニゼミでお伝えするもので、市史編纂室との共同企画です。今回は川上地区で明治中間期から昭和にかけて医学でツツガムシの研究・ローソク温泉のラジウムの研究、また日本人の体力の面から栄養を取り上げ我が国初の栄養研究所の設立から学校給食の普及と改善に、或いは独学で5ヶ国語を習得し植物病理学者として7、000種以上の植物菌類を収録し、近年までわが国を代表する日本植物菌類目録として自費出版した先人三人の特集です。

展示は10月29日~11月29日まで、ミニゼミは11月16日(水)13:30~中央公民館4-2学習室にて開催します。
三賢人とは、①林直助:医学博士、ツツガムシの研究とローソク温泉のラジウムの研究、②原徹一:医学博士、栄養学の研究で学校給食の先駆者、③原摂祐(かねすけ):植物病理学者で植物菌類の研究です。独学で学んだ5ヶ国語、山を売って自費出版の日本植物菌類目録はつい最近まで我国の最高文献として重用されていた。旧川上村で、前田青邨画伯とほぼ同年代でそれぞれの道で偉業を成し遂げた先人たちの生き方を知り、現在を生きる私たちにも学ぶことが多いものと思います。

2016年9月24日土曜日

10月の展示テーマは「中津川市における音楽活動の歴史」です。ミニゼミは「音楽四方山話」10月15日(土)13:30から中央公民館視聴覚室です。

秋雨前線が長く続きうっとうしい天候でしたが、いよいよ本格的な秋ですね。読書の秋、かつては、馬肥ゆる秋でもありましたね。猛暑から解放され人間性を取り戻したい時期です。さて、10月は音楽特集で企画しました。かつて(半世紀前)、中津川は東京、京都とともに欧米からの演奏家の開催都市の一角を占めていたことも記憶にあります。展示は「中津川市における音楽の歴史」当市の音楽の歴史を知る機会になると思います。またミニゼミは郷土のピアニスト渡辺洋子(ひろこ)さんを講師にお願いし、第73回「音楽四方山話」です。いろいろなお話が、発見があると思います。ぜひご参加ください。

2016年9月4日日曜日

9月展示「中津川市の資源、観光特集」展示しました。市観光課による展示です。中津川の自然・名勝地・歴史・伝統文化などの発信展示です。ミニゼミは郷土の伝統芸能「恵那文楽ふれあい公演」開催しました。

9月4日(日)中央公民館ホールにて14:30~16:00「恵那文楽ふれあい公演」開催され、生写 朝顔日記、人形のしょさの説明、そして寿式三番叟の舞の上演に80名の聴衆は、素晴らしい人形の舞に、表情に、吸い込まれるように見入っていました。太夫の三味線、鼓、謡も素晴らしかった。
展示は、名勝地、歴史、郷土の伝統文化のほか、外国観光客への取り組み、主要観光ルートなど、各種パンフレットとともに展示しています。パンフレットは持ち帰りできます。中津川市の観光資源を見つめ更なる活用を考えてみても楽しいですね。

2016年8月22日月曜日

8月の展示テーマ「戦争と平和」「命と健康」関連ミニゼミ21日(日)第71回大型紙芝居「戦争と平和」体験2題、第6回街なか保健室で日赤献血バスによる献血、市保健師さんによる健康相談(口腔衛生度チェック)を一挙開催しました。献血には45名の方々が応じていただき内12名の方が初めての献血、高校生も6名ご協力いただきました。ありがとうございました。大型紙芝居では市内在住の古田雅博さんによる戦争体験「武兄ちゃんにあいたいなあ」「僕の渡満脱出」悲惨な戦争体験を見事な絵とお話で伝えていただきました。9月は展示テーマ「中津川市の観光資源特集」です。また第72回ミニゼミは9月4日(日)中央公民館ホールにて郷土の芸能「恵那文楽ふれあい公演」です。

21日(日)は珍しく午後も夕立もなく、図書館前に横付けされた献血バスに多くの市民、特に若い方々に応じていただきました。結果は目標には達しませんでしたが初めて献血された方が12名、内高校生が6名と、図書館ならではの採取者の特徴が発揮できたものと思います。日赤の担当の方にも喜んでいただきました。また8月9月は六斎市連動図書館前での古本市はお休みです。今回文庫本に絞って同時出店しました。ご利用ありがとうございました。収益金は図書館支援活動に充てさせて頂きます。  大型紙芝居は2題制作・上演の古田雅博さんの戦争体験です。「武兄ちゃんにあいたいなあ」は戦死した兄への想いと名古屋大空襲の体験を、「僕の日本脱出」では、夢を実現するための大学への進学も戦時下変更を余儀なくされ、満州国興農部政務官として終戦を迎え、翌年終戦記念日に帰国するまでの体験を絵とともに伝えていただきました。図書館の役割には連鎖と持続性が求められていて、また展示テーマに沿った内容で聴衆の45名の方々も聴き入っていました。この日は丁度ホールでは子どもたちへの映画会も開催されていました。若い世代に伝えたい内容でした。

2016年7月25日月曜日

7月ミニゼミ「南極のお話」開催。満席の参加者が南極の写真とお話と南極の氷に、暑さを忘れる時間でした。8月の展示は「戦争と平和」「命と健康」ミニゼミは8月21日(日)①街なか保健室です。内容は「献血」「口腔衛生度チェック」(歯周囲の細菌チェック)②大型紙芝居「戦争と平和」2題の上演です。

7月24日(日)13:30~15:00中央公民館にて、「南極のお話」を講師鈴木剛彦さん(第10次・15次南極観測越冬隊OB)お迎えして講演していただきました。当時の南極への道のり、昭和基地及び周辺、気象観測、オーロラ蜃気楼、沈まぬ太陽、転がる太陽などの自然現象、コケボーズ、ペンギン、アザラシ、ユキドリなどの生き物や珍しい現象、研究成果(オゾンホールの発見、氷柱掘削による太古の大気解析、隕石の解析など)映像を通して学びました。そして、南極の氷に触り、氷から凍った時の大気の出す泡の音など、五感で感じました。